花と虫たちなど生き物と出会いを大切に、写真で紹介していきます。
by cyacya-takemaru
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
momocyaのネイチャーフォト
  自 然 讃 歌
フォロー中のブログ
気ままに歩いて
暮らしの記
気まぐれ日記・・・日々の備忘録
新・時のまにまに
いのちの交歓 ー花と虫ー
おやすみUP
外部リンク
最新のコメント
moyaさん、こんばんは..
by cyacya-takemaru at 19:11
ニャン、ニャン!! 美..
by moya at 14:02
bettyさん、こんにち..
by cyacya-takemaru at 11:05
こちらはずっと曇り空と雨..
by kimagurebetty at 01:01
moyaさん、こんにちは..
by cyacya-takemaru at 17:02
momocyaさん、ブロ..
by moya at 23:02
moyaさん、こんにちは..
by cyacya-takemaru at 11:05
あ、ペロ模様の猫ですね!..
by moya at 23:39
bettyさん、こんにち..
by cyacya-takemaru at 17:02
moyaさん、こんにちは..
by cyacya-takemaru at 16:55
画像一覧
最新の記事
8月のニャン(2)
at 2017-08-20 10:43
イチモンジセセリ(一文字挵)
at 2017-08-15 13:40
8月のニャン
at 2017-08-10 10:04
ナガサキアゲハもボロボロ
at 2017-08-06 21:25
こんなにボロボロに
at 2017-08-01 14:29
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
野の花
樹の花
園芸種の花と実
野の花の果実
虫たち
野鳥たち
風景
猫たち
動物
その他
葉っぱの上の生き物たち
トンボたち
愛しのモモ
花と蝶
露草の仲間
蜘蛛
街を歩いて
草木
野菜の花と実
伊吹山
雲の形
天象・地象
一枚の写真
花と葉っぱの造形
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル


<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

鴉の幼鳥 巣立ち前

04月19日に載せた[鴉の巣]には2羽の幼鳥が見られました。
鴉の子は“七つの子”ではなく2羽でした。
この巣では、とてもとても7羽は無理ですね。
e0250588_1615999.jpg

1週間前に親鳥が舞い出た後に幼鳥の姿が初めて確認できました。
そして、やっと撮影することできたのです。
大きさはもう親鳥に負けないほどに成長しています。
よく観ると幼鳥の嘴はやや白っぽく見えます。
もう直ぐ巣立ちが見られるかも知れません。 

追記
6月2日の朝、見たときには2羽の幼鳥の姿は見られなかった。
無事巣立ったと思います。
[PR]
by cyacya-takemaru | 2012-05-30 16:05 | 野鳥たち | Comments(2)

夫婦カルガモ

いい風景に出会えました。
田植え前の農道を夫婦のカルガモが歩いていました。
カメラを向けると旦那さんでしょうか、私の方を見ていました。
そして何かヒソヒソと話していました。どうするか決めたのでしょう。
また歩み始めました。
こんな平和な光景大好きです。

カルガモ(軽鴨)カモ目カモ科
e0250588_17182884.jpge0250588_17185932.jpge0250588_17191214.jpg
[PR]
by cyacya-takemaru | 2012-05-27 17:24 | 野鳥たち | Comments(4)

今日はヘビ日和

昨日に続いて暑くなりました。蒸し暑い夏の始まりでしょうか。
散歩の途中で3匹のシマヘビさんにご対面してきました。

まずは川を流されていくシマヘビさんです。
かなり色白です。どうも脱皮してすぐ川に落ちたようです。
e0250588_131604.jpg

2匹目はビオトープの草叢でした。
こんないい顔していました。
e0250588_1316124.jpg

最後は側溝へ入りかけていました。
私の足音を聞こえたのでしょうか。慌てて避難しかけたようです。
通り過ぎて振り向いて見ると逆戻りしたのでしょう。
傍の花畑へそそくさと入って行くのが見えました。
e0250588_1316578.jpg

[PR]
by cyacya-takemaru | 2012-05-24 13:20 | 動物 | Comments(0)

ウスバシロチョウ三態

ウスバシロチョウ(薄翅白蝶)アゲハチヨウ科ウスバアゲハ亜科

ハルジオン(春紫苑)で吸蜜
e0250588_1318321.jpg

タンポポ(蒲公英)で吸蜜
e0250588_13192421.jpg

クサイチゴ(草苺)で吸蜜
e0250588_1320839.jpg

[PR]
by cyacya-takemaru | 2012-05-21 13:20 | 虫たち | Comments(0)

赤花夕化粧は

e0250588_1757975.jpg

図鑑では花期は7月から9月となっているアカバナユウゲショウが咲き始めました。
赤花夕化粧とはなんとも艶っぽい花名です。
夕化粧と名付けられているが朝から咲いています。夕方になっても開いています。
明治期に園芸用として栽培されていたようで今は野生化したものといわれています。

ホソヒラタアブが吸蜜に来ていました。
e0250588_17595785.jpg

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)アカバナ科マツヨイグサ属
ホソヒラタアブ(細平田虻)ハナアブ科ホソヒラタアブ属
[PR]
by cyacya-takemaru | 2012-05-18 18:04 | 野の花 | Comments(0)

恥ずかしそうに

e0250588_1817495.jpg

クマガイソウ(熊谷草)ラン科アツモリソウ属
[PR]
by cyacya-takemaru | 2012-05-15 18:18 | 野の花 | Comments(2)

いよいよ忘れることが多くなって

いろいろな名前がサッと出てこなくなりました。
最近は花の名前も虫の名前も、それに行き会った人の名前も。
連続テレビドラマの題名も出てこなくなりました。役者さんの名前は全く覚えられなくなりました。
一所懸命に思い出そうとするのですが、焦れば焦るほどに出てきません。
仕方なしに図鑑や辞書や辞典、それにインターネット検索のお世話になっています。
日に日に忘れることがどんどん多くなっています。痴呆の始まりでしょうか。
私の頭の中はこんなでしょうか。
e0250588_1143711.jpg

余談
[もうろうたい]を変換したら[もう老体]と。ああ、頭がモウロウタイ。
変換を見て大笑いです。[朦朧体]と変換したかったのですが。
[PR]
by cyacya-takemaru | 2012-05-12 11:08 | その他 | Comments(4)

スズメが尾を上げて

e0250588_1521394.jpg

先日公園でスズメさんの面白い行動を見つけてしまいました。
一羽が尾を上げてツーツーと走っています。止まってはまた走り出します。
泣き声を出しているかは判りません。何をしているのでしょうね。

気になって調べてみました。
胸を反らせながら尾を上げて激しく鳴くのは、縄張りを守る威嚇行動と考えられるとありました。

写真は一羽は尾を上げて、もう一羽は知らん顔して餌を探しているようです。
このスズメさん夫婦?。スズメさんはどちらが旦那さんで、どちらが奥さんか全く見当がつきません。
[PR]
by cyacya-takemaru | 2012-05-07 15:22 | 野鳥たち | Comments(0)

ベニシジミも……

e0250588_1755372.jpg

ベニシジミもぺんぺん草に掴まって休憩していました。
こちらは独り者です。よく観ると翅がところどころ切れて痛んでいます。
翅の様子から春先の生まれでしょうか。
このベニシジミにもぺんぺん草の奏でる三味の音が聞こえているはずです。

ベニシジミ(紅小灰)シジミチョウ科ベニシジミ亜科
[PR]
by cyacya-takemaru | 2012-05-03 17:58 | 虫たち | Comments(5)

夕暮れ時に

e0250588_1736284.jpg

夕暮れ時にツバメシジミがペンペン草の天辺に掴まって愛し合っていました。
風が吹けば右へ左へと揺れていました。怖くないのでしょうか。
しなやかな草の上の愛の囁きは夢心地の境地なのでしょうね。
ぺんぺん草の奏でる三味の音が聞こえているのでしょうか。

ツバメシジミ(燕小灰)シジミチョウ科ヒメシジミ亜科
[PR]
by cyacya-takemaru | 2012-05-03 17:46 | 虫たち | Comments(0)